医師になって筋痛症の治療に貢献!3回生が語る医学部予備校の選び方!

( 更新日:2020/09/24)

★医学部予備校の通信講座は効果的か?★

2017.12.28 医学部予備校の通信講座

医学部予備校は都市部に集中しており、地方在住の受験生は通学できないケースが多いです。特に現役生は学校があるので高卒生のように親元を離れて寮で生活しながら医学部予備校に通うなんてことができません。高卒生だって、学費が通常より高い医学部予備校の寮を利用して通うには多額の費用が発生してしまいます。そんな受験生でも都心の医学部予備校の授業が受けられるのが通信コースです。複数の医学部予備校では、テレビ電話などを活用して直接指導が受けられる通信コースを開設しています。通学生徒と遜色のない指導およびサポートが受けられると謳っていますが、やはり通信は自己管理ができないと厳しいという言うしかありません。もともと医学部予備校は厳格な学習管理により自己管理が苦手な受験生でも医学部合格へと導くことを得意としています。偏差値40でも医学部合格が実現できるのはそのためです。ただし、それは面と向かって直接管理しているからできることです。多くの医学部予備校では、1日12時間学習を課して校内での自習を強制しています。つまり、目の届く管理下で指導を行っているのです。いっぽう、通信はいくらテレビ電話を活用して直接指導ができると言っても、管理できるのは授業時間内だけです。どんなに厳しく忠告しても、叱責したとしても本人が勉強しなければ実現できません。授業時間外の行動は管理できないからです。それでも医学部予備校の通信コースを活用すれば、首都圏の受験生と同じレベルの指導を受けることは可能です。やはり地方より都市部の講師の方が実力の高い人は多く、情報量や実績も豊富です。そんな最先端の授業や対策が受けられるのは通信の最大のメリットと言えるでしょう。ただし、そのメリットを活かすかどうかは本人の日々の学習に左右されます。したがって、自己管理ができる生徒が医学部予備校の通信コースでも大いに学力アップが期待できますが、そうでない場合は、地元の有名な進学予備校に通った方が、医学部合格の確実性は増すかもしれません。

★国公立大学医学部を志望する人向けの医学部予備校選び★

2017.10.23 国公立志望者向けの医学部予備校

医学部予備校は私立大学医学部の合格実績が豊富ですが、なかには私立専門のところが多く、国公立大学医学部志望者にとっては選択肢が限られています。国公立大学医学部は私立に比べて難易度が高く勉強する教科も多いため、優秀な生徒は大手予備校に通っている人も少なくありません。私立医学部に絞れた教科も最低限で済むため、講師の配置もその分抑えられコンパクトな運営が可能です。したがって、小規模の医学部予備校によっては都合が良かったりします。では、国公立医学部医学部を目指す受験生は医学部予備校の選択肢がないかというとそうではありません。医学部予備校も大中小様々な規模で運営が実施されています。比較的規模が大きい医学部予備校であれば国公立大学医学部コースを設置しているケースが多く見受けられます。しかも、1人の講師が複数科目を担当するのではなく、教科ごとに専任講師が在籍しているので、専門性が高く指導力に優れた講師から教えてもらえるメリットがあります。やはりそういった医学部予備校は国公立大学医学部の合格実績も高いです。私立と違って併願受験ができないので合格者数イコール進学者数と見ることができるので、より実績の数値にも信頼性が高まります。医学部予備校の合格実績を見ていると国公立の場合は1人か2人というケースも多いですが、国公立に力を入れているところであれば10名以上の合格者数を輩出しているケースもあります。少人数制の医学部予備校で10名以上の合格者数を誇っているのであれば、合格実績は高いと見て良いでしょう。したがって、国公立大学医学部を志望する際は、国立専用コースの設置有無、合格者数、そして、文系科目にも専任講師がいるかなどが重要な判断ポイントとなってきます。やはり、センター試験で高得点が取れれば合格できる可能性が自ずと高まります。2次試験で逆転合格が可能な国公立もありますが、センターで良い点を取っておくに越したことはないからです。したがって、センター試験対策もしっかりと対策できるカリキュラム構成になっているかもしっかりと確認していきましょう。

★医学部予備校を現役生が選ぶ際のポイントとは★

2017.9.26 医学部予備校と現役生

医学部予備校は高卒生のイメージがありますが、最近は現役生を対象にしたコースが各予備校で設置されてきています。それでも医学部予備校によっては現役生が少ない校舎もあるので、肩身の狭い思いをしてしまうこともあります。そうならないためにも現役生ほど医学部予備校は重要になります。まず、現役生が医学部予備校を選ぶ際は集団クラスの現役コースを設置している校舎が良いでしょう。そのほうが受け入れ体制が整っており、現役生向けのカリキュラムも作り込まれている傾向があります。個別指導のみだと高卒生の延長戦上で設置されているケースもあるので見極めが重要となっています。あと、野田クルゼのように医学部予備校でも現役生専用校舎を設置していることがあります。これなら、現役生しか周囲にいないので勉強にも集中できるメリットがあります。高卒生と一緒だとやはり向こうの方が長時間校舎にいるので使い辛いという声も現役生から聞かれたりします。気にしない人は別にいいですが、高卒生と学習環境を共有するのがあまり好ましくないと思う人は現役生の学習環境が別途用意されている医学部予備校を選ぶと良いでしょう。また、現役生の在籍者数と現役合格の実績を確認することも重要です。現役合格できずにそのまま高卒生コースで再度チャレンジするとなると、医学部予備校の場合は高額な学費が発生することがあります。高卒生の方が授業時間数も多いので現役生より学費はもちろん高額です。少しでも現役合格の実績が豊富な医学部予備校で勉強すれば、合格の可能性も高まります。最後は、体験授業に参加して自分に合っているかを確認しておきましょう。あと、高卒生のように最寄りの寮から通学しないので、学校や自宅から通いやすい立地の校舎を選ぶと良いでしょう。極端に高校や自宅から遠いと通学が苦になってしまったり、時間が余計にかかってしまい学習に支障をきたしてしまうことがあります。以上を踏まえて最も最適な医学部予備校を選んでいきましょう。

★医学部予備校の学費は高いけど大手に負けない合格率の高さがあった★

2017.8.29 医学部予備校の学費

医学部予備校と言えば学費が高いことで有名ですが、額面だけが独り歩きしていなかここでは精査してみます。まず、医学部予備校の学費が500万円を超える場合、全寮制ではないかチェックしてみましょう。全寮制の場合は寮費や生活費が別途含まれていることが多く、そのため合計額が高く見えてしまうことが多いからです。学費が安いと大手予備校は言われていますが、入寮する場合は生活費だけで150万円かかることも珍しくありません。また、大手予備校の本科生コースには季節講習や直前講習などのオプション講座が含まれていないことが多いです。これらを全て含めると大手予備校でも高額な学費が要求されてしまいます。それでも大手予備校より医学部予備校の方が高くなるのは、カリキュラムと学習環境に要因があります。まず、医学部予備校の授業時間数が膨大に確保されており、大手予備校の3倍に相当する授業時間数をこなしていくケースも少なくありません。しかも、少人数クラスや個別指導を採用しているため、生徒一人あたりで負担する講師の人件費がどうしても高くなってしまうため、学費もその分増加してしまうのです。その代わり、大手予備校のように大教室で授業を受け、長蛇の列を並んで質問を受けることもありません。講師との距離が近く、いつでも質問できるのが医学部予備校の魅力となっています。医学部予備校が高いと言われていますが、200万円台のコースも近年は増加しており大手予備校より若干高いくらいの金額で学習することができます。経済的負担を抑えたい場合は、特待生になるともっと学費を抑えることが可能です。積極的に挑戦していくと良いでしょう。医学部予備校の学費は高いにもかかわらず、毎年多くの受験生がそれでも通うのは合格率の高さにあります。やはり毎年それなりの結果を残しているため、経済的手負担が重くても多くの生徒が集まっているのです。なかには大手予備校で結果が出ずに医学部予備校に移ってくる生徒も沢山います。医学部合格率の高い200万円台の医学部予備校に行って1年合格を目指すか、大手予備校で100万円台の医学部コースを受講するかは個人の価値観によって異なってくるとは思います。しかし、医学部予備校はコストがかかる分、大手では体感できない少人数指導と手厚いサポートが受けられるのは間違いないです。

★医学部予備校の寮事情とは?おすすめやはり直営寮!★

2017.8.01 医学部予備校の寮事情

医学部予備校は首都圏や都市部のほうが校舎の数も豊富で選択肢が広がります。また、大手予備校の本部で活躍している講師が医学部予備校で指導しているケースも多いです。そのため、地元を離れて東京や大阪の医学部予備校に通う人も少なくありません。そんな親元を離れて医学部予備校に通う際に問題になるのが生活拠点です。一般的な選択肢としては、直営寮、提携寮、マンションのいずれかになるかと思います。一番のおすすめは医学部予備校が直営している寮で生活することです。直営寮だと医学部予備校に通う生徒しか入居していないので、勉強に集中できる環境が用意されています。また、寮長だけでなく医学部予備校のスタッフも生活面までしっかりとサポートしてくれるので保護者にとっては非常に心強いです。提携寮の場合は、学生や他の予備校生など様々な人と生活することになるため、勉強に悪影響を及ぼすリスクがあります。ただし、食事の際など勉強を忘れて会話できるなど気分転換できるメリットなどはあります。マンションを借りて一人暮らしする人もいるかもしれません。家事全て自分でする必要があるため、疲れて帰宅した身体では非常に大変です。気分転換になるという人もいますが、食生活が乱れたり寮のように管理が行き届かない範囲での生活となるため、一番勉強へのリスクが高い生活スタイルとなります。医学部予備校の中には直営寮を持っていないケースもたくさんあります。そんな時はマンションを借りるより提携寮に入寮することをおすすめします。医学部入試は非常に難易度が高いため、受験勉強も相当ハードになります。したがって、逃げ出したくなったり、モチベーションが下がったりする機会は沢山あります。そういった時に寮長や予備校スタッフのバックアップがないと挫折して1年を棒に振ってしまうでしょう。自己管理が苦手、誘惑に弱いなど自覚している人は、最初から直営寮を完備している医学部予備校を選ぶことが最善の方法となります。

★医学部予備校を変える人が多い理由とは!?★

2017.7.19 医学部予備校の選び方

医学部は志願者が多いだけでなく、超難関入試を突破する必要があるため不合格になる人は毎年たくさんいます。そして、医学部予備校を変えて心機一転勉強する受験生もまた多い傾向にあります。医学部予備校を変える人が多い理由は簡単です。それは医学部予備校をちゃんと選んでいなかったからです。予備校を選ぶ際に最も多いのが先輩や友人からのススメです。友達同士で通っている現役生も少なくありません。それでも学力が高い人は自己管理ができているので医学部へ合格していきます。ただし、それ以外の場合は相性が合わないと効率よく学力が伸ばせずに医学部合格が実現できません。医学部予備校は、各校舎で多彩な指導が展開されています。したがって、自分に合った学習環境を選ばないと効率よく勉強できなくなってしまいます。講師が嫌い、学習管理が窮屈、学習環境が合わないなど様々な要因が考えられます。医学部予備校を選ぶ際は絶対に自分の目で確認して友人や先輩に意見に惑わされることなく選びましょう。周りの意見に左右されずに、自分が気にいった医学部予備校で学べば、自ずとやる気も出て学習効率も高まります。では、医学部予備校を選ぶポイントとしては、まず比較サイトなどを通じて医学部予備校を知ることから始めます。きっと自分が知らない医学部予備校がたくさん見つかると思います。そのあとは興味のある医学部予備校をピックアップして資料請求を行いより詳しく確認していきます。最近は公式サイトで詳しく確認できるので資料請求しなくても十分な情報は入手可能です。そして、興味のある医学部予備校のイメージが大体湧いたら、今度は直接足を運んで確認します。体験授業や学習相談会など医学部予備校では定期的にイベントが企画されています。参加は無料なので上手に活用してリアルな指導現場を体感してみてください。資料では得られなかった情報がたくさん入手できるはずです。あとは、1回きりの体験授業じゃ分からないという人は、春期講習や大学別講座などの単科講座を申し込んでみるのもおすすめです。短期でも講座を取ることで生徒の質、講師の質、学習環境、サポート体制など詳しく確認することができます。本科生コースになると学費が高額になるので、まずはしっかりと確認してから決めることが重要です。

★医学部予備校あなたは集団派?それとも個別派?★

2017.6.20 医学部予備校の指導法

超難関入試と言われる医学部合格を最短ルートで実現するためには専門的な指導を行う医学部予備校に通うのが一番です。医学部予備校は各校舎で独自性のある指導を行っており、相性が合えば学力を大幅に伸ばすことが可能です。医学部予備校では、大きく分けて少人数指導と個別指導の2種類の指導を行っています。少人数指導は、大手予備校のような大教室で授業を行うのではなく、1クラス10名以下の少人数体制で指導を行うため、講師との距離が近いのが特徴です。講師は全生徒の学習状況を把握しながら授業を臨機応変に進めることができ、生徒の理解度を高めます。また、一方通行の授業ではなく、生徒とコミュニケーションを取りながら理解を深め合う参加型の授業を採用している医学部予備校も多いです。参加型であれば集中力が散漫になることを防ぎ、自ら学ぼうとする力を身につけることができます。ただし、少人数指導という定義は医学部予備校によって曖昧であり、1クラス20名以下でも少人数と呼んでいるケースもあります。クラスに占める人数が少ない方がより手厚い指導を受けられるので少なくとも1クラス10名以下の医学部予備校を選ぶと良いでしょう。次に、個別指導塾の場合は1対1あるいは1対2が主流ですが、医学部予備校はマンツーマン指導が一般的です。やはり難易度の高い医学部入試を突破するためには高度な学力が必要となるため、より学習効果の高い1対1を採用する傾向にあります。マンツーマン指導であれば完全オリジナルカリキュラムで勉強できるため効率性は非常に高いです。少人数でも科目レベル別にクラス分けが実施されますが、自分にとって得意・不得意な部分は同じレベルでも他の生徒と異なってきます。個別指導なら自分だけの学習計画で学べるので、その分強弱をつけて学べるので無駄がなく短期間で学力アップが目指せます。つきっきりで指導してもらえるので医学部合格に必要な学力が遠く及ばない受験生や自己管理が苦手な受験生におすすめです。ただし、個別指導は講師を独占するカタチになるため、学費は高くなってしまいます。医学部予備校が多すぎてどこが良いか分からないという人は、まずは自分は少人数制か個別指導のどちらが向いているかを選んで絞っていくと良いでしょう。

★学費が高いイメージが強い医学部予備校、実はそれだけの価値がある!?★

2017.5.15 医学部予備校と学費

医学部予備校の学費と言えば年間200万円から高いところでは500万円を超えてくる高額な料金体系となっています。大手予備校であれば100万円程度で済むのでこの差は歴然です。ただし、注意したいのは医学部予備校の学費が高いのは全ての費用が含まれた総額だからです。大手予備校であれば、これに加えて季節講習や直前講習代、それに単科講座が含まれてくるため、最終的にはもっと学費が高くなります。しかも、学費が安いのは講師1人あたりに占める生徒の割合が多いからであり、講師との距離が遠く質問するのも一苦労となります。いっぽう、医学部予備校では講師1人当たりに占める生徒の割合が少ない少人数制を採用しているため、どうしても学費は高くなりがちです。その代わり、大手予備校で活躍している有名講師から直接指導を受けながら手厚いサポートが得られるのが魅力です。授業時間数も多く、大手予備校で学習する勉強量の3倍にも及ぶカリキュラムが設定されており、学費が高いのはそれなりの理由があります。また、医学部予備校は1日12時間学習を強いているケースが多く、朝から晩まで校舎で生活することになるため、その分の施設利用費もかかってしまいます。ただし、固定席の自習室や食堂、休憩室など整備されていることが多く、快適に過ごすことが可能です。以上のように難関医学部入試を突破するために学習環境が徹底されているのが医学部予備校の特徴です。学費が高いだけでは生徒の不満も大きくなりますが、毎年高い合格率を実現しているため、多くの生徒が医学部予備校に集まってきます。大手予備校で結果が出なかった生徒が医学部予備校に移るケースも多いので、最初から医学部予備校に通った方が合格への近道となるでしょう。さらに、近年は医学部予備校の数が増えており、各校舎では生徒を確保するために多彩な指導を提供しています。なかでも学費の安さを売りにして200万円を切る医学部予備校も誕生しているので、高額な学費がネックとなっている生徒も入学可能です。たくさんの医学部予備校があるのでまずはどんな予備校があるかを知ることから始めましょう。比較サイトや医学部予備校のポータルサイトをチェックすれば多くのおすすめ予備校が紹介されているので、自分に合った学習環境を見つけることができます。

★医学部予備校で合格を勝ち取る!口コミ評価の高い予備校をご紹介★

2016.08.26

医学部予備校比較ランキング

難関資格としてよく挙げられるのが、医師・弁護士・会計士ですが、その中でも最も難しいと言われる医師になるため、毎年大学医学部への入試は熾烈な受験競争が繰り広げられます。狭き門を巡って、全国の高偏差値を誇る猛者たちが受験するため1問の正解・不正解によって合否が判断されるハイレベルな戦いとなっています。国公立大学ではセンター試験の幅広い受験範囲をほぼ落とさずにクリアした上で2次試験の深い知識を問う出題に対応しなければなりません。私立大学においても、2次試験のレベルは大学によって国公立よりハイレベルな所も多く、滑り止め感覚では合格は程遠いと言えます。志望校を選定した上で、年間を通して集中した長時間学習を続けるためにも、専門の医学部予備校で学ぶことがおすすめとなります。医学部予備校は、少人数制できめ細やかな指導を行っているため苦手分野を作らず効率的な学習をサポートしてくれます。また、現役医学生によるチューター制度の活用で、学習面・精神面の双方で受験生にアドバイスをくれます。医学部予備校には豊富な受験ノウハウがあるため、過去の出題傾向を分析した上でのカリキュラム作成や学習範囲の選定を行ってくれるため、合格に必要な戦略をバックアップしてくれます。医学部予備校比較ランキングでは、さまざまな医学部予備校について口コミ情報や通ったことのあるユーザーによる評判を公開しているため、これから受験勉強をスタートする方に必要な情報がすべて詰まっています。

http://医学部予備校.biz/

医師になって筋痛症の治療に貢献する!3回生が語る医学部予備校の選び方!

ページトップへ戻る

Copyright (C) 医師になって筋痛症の治療に貢献する!3回生が語る医学部予備校の選び方! All Rights Reserved.